Mobil SHC Gear 1500 3200および6800

Mobil industrial , Japan

ギアオイル

製品の概要

Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800潤滑剤は、最高性能のヘビーデューティー ギア オイルであり、主にすべての種類の密閉型ギアおよびすべり軸受および転がり軸受用に設計されています。これらは、機器の保護、オイル寿命、問題のない操作の点で優れたサービスを提供するように設計されており、顧客の生産性を向上させます。これらの科学的に設計された合成潤滑剤は、優れた酸化および熱特性と優れた低温流動性を持つ合成基油から配合されています。自然に高い粘度指数と独自の添加剤システムの組み合わせにより、これらの製品は厳しい高温および低温の動作条件下で優れた性能を発揮します。合成基油の性質も、製品の優れた低温性能に貢献しています。それらは、ギアの擦り傷に対する優れた保護と衝撃負荷に対する耐性を備えています。合成基油は本質的に低いトラクション特性を持っているため、ギアや転動体ベアリングなどの適合しない表面の負荷ゾーンでの流体摩擦が低くなります。流体摩擦が低いため、運転温度が下がり、ギアの効率が改善ます。

 

Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800は、滑り軸受や転がり軸受だけでなく、さまざまな密閉型歯車用途に使用されます。粘度が非常に高いため、非常に低速で高負荷/高温のギアやベアリングの潤滑ニーズを満たすことができます。 これらは、従来の製品が境界体制で動作する状況に最適です。潤滑剤浴または再循環システムを使用してオイルを塗布する場合があります。

 

Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800は、幅広い適用範囲と厳しい状況での優れた性能に基づいて、世界中の多くのOEMおよび顧客に選ばれている製品です。

 

特徴と利点

Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800は、革新性と性能で世界的に有名な製品のMobil SHCブランドの主要メンバーです。これらの科学的に設計された合成潤滑剤は、高度な技術を使用して優れた潤滑剤製品を提供するという継続的な取り組みを象徴しています。Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800潤滑剤は、特に極端な高温および低温の運転条件下で、鉱物油では不可能な利点を提供し、性能特性と顧客の利益をもたらします。

 

当社の調合科学者は、ベース液を強化する独自の添加剤の組み合わせを使用して、衝撃負荷の状況でも優れたギアスカッフィング保護と耐摩耗性能を提供します。結果として得られる完成品は、OEM評価、顧客フィールド テスト、商用利用において卓越した性能を示しています。これらの高粘度グレードは、低速、高負荷、高温の状況で特に効果的であり、従来の製品と比較して、優れたギアとベアリングの保護、より長いオイル寿命、および優れたオールラウンド サービスを提供します。

 

Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800潤滑剤の具体的な特徴と潜在的利点は次のとおりです。

 

特徴

長所と潜在的利点

優れた耐荷重性と耐摩耗性

ギアの寿命を延ばし、メンテナンスコストを削減するのに役立つ

特性や性能を低下させることなく、非常に高粘度のグレードが利用可能

低速、高負荷、高温でも、ギアとベアリングの優れたEHLフィルム保護の影響

 

全損失システムを循環システムに変換するために使用可

 

一部の用途ではグリースを交換できるため、プラント製品の統合が可能

高い粘度指数

広い温度範囲、特に極低温でも問題なく動作する

低トラクション特性

ギア効率の向上と動作温度の低下が運用コストの削減につながる

優れた耐熱性・耐酸化性と長寿命

潤滑油の消費量を減らし、製品と交換のコストを削減するのに役立つ

明色

点検前のギア洗浄が不要になり、メンテナンスコストの削減に貢献

 

用途

使用上の検討事項:Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800は、鉱物オイルベースの製品と互換性がありますが、混ぜると性能が損なわれる可能性があります。そのため、Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800潤滑剤のいずれかに変更する前に、最大限に性能を引き出すために徹底的に洗浄して洗い流すことを推奨します。

 

Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800オイルは、すべてのタイプの密閉型スチール・オン・ スチールギアドライブに推奨されます。循環潤滑システムとスプラッシュ潤滑システムの両方に適しています。これらは、重荷重または衝撃荷重、および境界潤滑が優勢な低速で動作するギアセットに特に推奨されます。この製品ファミリの用途は次のとおりです。

•Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800 - 工業用密閉型平歯車、はすば歯車、かさ歯車、特に低速および/または高負荷ユニット

•Mobil SHC Gear 1500、3200、および6800 - 特に低速および/または高負荷用途向けの滑り軸受および転がり軸受

•Mobil SHC Gear 3200および6800 - Railroad DC Traction Motoドライブ

•Mobil SHC Gear 3200および6800 - 給油ピニオンや特別に設計された循環システムなど、特定のオープンギア用途

 

特性と仕様

特性

1500

3200

6800

グレード

ISO 1500

ISO 3200

 

銅板腐食、3時間、100°C、評価、ASTM D130

1B

1B

1B

密度(15.6°C)、kg/l、ASTM D1298

0.88

0.89

0.9

FZGスカッフィング、不合格ステージ、A/8.3/90、ISO 14635-1(mod)

13+

13+

13+

引火点、クリーブランドのオープンカップ法、°C、ASTM D92

230

230

230

泡立ち試験、シーケンスI、安定性、ml、ASTM D892

0

0

0

泡立ち試験、シーケンスI、傾向、ml、ASTM D892

0

0

0

泡立ち試験、シーケンスII、安定性、ml、ASTM D892

0

0

0

泡立ち試験、シーケンスII、傾向、ml、ASTM D892

0

0

0

泡立ち試験、シーケンスIII、安定性、ml、ASTM D892

0

0

0

泡立ち試験、シーケンスIII、傾向、ml、ASTM D892

0

0

0

四球極圧試験、負荷摩耗指数、kgf、ASTM D2783

48

48

48

四球極圧試験、溶接負荷、kgf、ASTM D2783

250

250

250

動粘度(100°C)、mm2/s、ASTM D445

113

183

365

動粘度(40°C)、mm2/s、ASTM D445

1500

3200

8200

流動点、°C、ASTM D5950

-18

-9

-6

防錆性、手順B、ASTM D665

合格

合格

合格

粘度指数、ASTM D2270

165

165

180

 

健康と安全

この製品の健康と安全の推奨事項については、http://www.msds.exxonmobil.com/psims/psims.aspxにある製品安全データシート(MSDS)をご覧ください。

本書で使用されているすべての商標は、その他の記載がないかぎり、Exxon Mobil Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。

10-2022

ExxonMobil Japan Godo Kaisha

Shinagawa Grand Central Tower

2-16-4, Konan, Minato-Ku,

Tokyo, 108-8218,

Japan


Typical Properties are typical of those obtained with normal production tolerance and do not constitute a specification.  Variations that do not affect product performance are to be expected during normal manufacture and at different blending locations.  The information contained herein is subject to change without notice. All products may not be available locally. For more information, contact your local ExxonMobil contact or visit www.exxonmobil.com
ExxonMobil is comprised of numerous affiliates and subsidiaries, many with names that include Esso, Mobil, or ExxonMobil. Nothing in this document is intended to override or supersede the corporate separateness of local entities. Responsibility for local action and accountability remains with the local ExxonMobil-affiliate entities.