Mobilgear 600 XP Series (モービルギヤ 600 XP シリーズ)

Mobil industrial , Japan

ギヤ油

製品の概要

Mobilgear 600 XP Seriesは、極めて優れた極圧性と耐荷重性能を持つ高性能ギヤ油で、循環式潤滑や飛沫潤滑システムを有するあらゆるタイプの密閉型歯車装置で使用できます。Mobilgear 600 XP Seriesは、ギヤボックスに求められるニーズの変化の先を行く設計となっています。ギヤボックスの設計においては、同レベルの出力を維持しながら小型化するという傾向にあります。このような出力の増大により、ギヤ油に対する要求も厳しくなっています。Mobilgear 600 XP Seriesは、ギヤ、軸受、およびシールに対する優れた保護性能を提供することで、負荷に耐えるように処方されています。

 

また、Mobilgear 600 XP Seriesは、初期段階の摩耗からギヤを保護するように処方されています。マイクロピッチングと呼ばれる微細な摩耗は、ギヤの歯に重大な損傷を与える可能性があります。Mobilgear 600 XP Seriesの軸受摩耗防止性能は工業規格の要求を上回るものです。実際、Mobilgear 600 XP Seriesは、業界標準のFAG FE 8試験で、最大15倍におよぶ摩耗防止性能を発揮することが確認されています。Mobilgear 600 XP Seriesは最適なバランスで処方されているため、一般的なギヤボックスのシール材との適合性を維持しながら最大の摩耗防止性と腐食防止性を提供することができます。Mobilgear 600 XPは、ギヤボックスのシールの維持性能に優れているため、オイル漏れや異物混入を防ぐのに効果的です。ギヤや軸受、シールを保護することにより、Mobilgear 600 XPは設備の信頼性と生産性を向上させることができます。

 

Mobilgear 600 XP Seriesは、循環式潤滑または飛沫潤滑システムを持ち、100℃までのタンク油温で稼働する工業用スパーギヤやヘリカルギヤおよびベベルギヤへの使用に推奨されます。これらの製品は、高荷重下や衝撃荷重下で運転されるギヤセットに特に適しています。Mobilgear 600 XP Seriesは、船舶用ギヤの用途にも幅広く使用されています。高負荷・低速のすべり軸受やころがり軸受を含む、ギヤ以外の用途にもご利用いただけます。

 

製品の特長と利益

Mobilgear 600 XP Seriesは、革新的で高性能と、高く評価されているMobilブランドの工業用潤滑油の中でも主力製品です。これらの鉱物油ベースの製品は、高品質な工業用ギヤオイルとして開発され、最新の工業規格を満たし、幅広い工業・船舶用設備の潤滑用途に対応できる多用性を備えています。

 

Mobilgear 600 XP Seriesには、特長と期待できる利益として、次のものが挙げられます。

 

特長

長所と期待できる利益

強化された耐摩耗性により、ギヤのマイクロピッチングを防ぐ

ギヤおよび軸受の摩耗を減少させることにより、予期せぬダウンタイムを削減

摩耗粒子により生じる堆積物の噛み込みによる損傷を低減

軸受寿命を最大22%延長できるため、軸受交換コストを削減し生産性を向上

軸受に対する耐摩耗性の向上

軸受寿命の向上により生産性を向上

様々なシール材との優れた適合性

オイル漏れ、オイル消費量、異物混入の低減による、メンテナンスの軽減、ギヤボックスの信頼性向上および生産性の向上

オイルの酸化や熱劣化に対する優れた耐性

潤滑油寿命の延長により、必要潤滑油量と潤滑コストを削減し、計画すべき稼働停止期間を削減。

スラッジやデポジット生成に対する優れた防止性

システムの清浄性を向上しメンテナンスを低減

幅広い用途

幅広い用途に使用できるため、必要な潤滑油の粘度グレードの数が減り、調達・保管コストの削減および潤滑油の誤使用の危険性を低減

鉄製部品における最適な防錆性と耐腐食性、および銅製部品や軟質金属系合金部品においても最適な耐腐食性を発揮

機械部品への優れた保護性能を発揮し、メンテナンス・修理コストを削減

良好な消泡性、耐乳化性

水分混入を伴う環境、またはオイル中に気泡が生じやすい装置でも、効果的な潤滑と円滑な運転を維持

 

用途

Mobilgear 600 XP Seriesは、様々な工業・船舶用途、特にスパーギヤ、ヘリカルギヤ、ベベルギヤおよびウォームギヤなどに使用される潤滑油です。用途の例は以下の通りです。

     • コンベヤ、攪拌機、乾燥機、ファン、ミキサー、プレス機、パルパー、ポンプ(井戸ポンプを含む)、スクリーン、押出機、およびその他の高付加用途で使用される工業用歯車装置。

     • ウインチ、ウィンドラス(揚錨機)、クレーン、回転ギヤ、ポンプ、エレベーターおよびラダーキャリアなどの主要推進推進器、遠心分離機、甲板機械を含む船舶用歯車装置。

     • ギヤ以外の用途としては、シャフトカップリング、ねじ、低速・高負荷のすべり軸受及びころがり軸受等があります。

 

規格および承認

 

この製品は次の承認を得ています:

68

100

150

220

320

460

680

Flender

 

 

 

Renk B19828 300

 

 

 

 

 

 

Renk B19828 400

 

 

 

 

 

 

Renk B19828 600

 

 

 

 

 

 

SEW-Eurodrive

 

 

ZF TE-ML 04F

 

 

 

 

 

 

ZF TE-ML 04H

 

 

 

 

 

ZF TE-ML 27

 

 

 

この製品は次の工業規格を満たすか、またはそれを上回ります:

68

100

150

220

320

460

680

AGMA 9005-F16

 

China GB 5903-2011, L-CKC

 

 

 

 

 

 

China GB 5903-2011, L-CKD

 

DIN 51517-3:2018-09

ISO L-CKC (ISO 12925-1:2018)

 

 

 

 

 

 

ISO L-CKD (ISO 12925-1:2018)

 

 

特性と仕様

特性

68

100

150

220

320

460

680

粘度グレード

ISO 68

ISO 100

ISO 150

ISO 220

ISO 320

ISO 460

ISO 680

銅板腐食試験、3h、100℃、レーティング、ASTM D130

1B

1B

1B

1B

1B

1B

1B

密度@15.6℃、kg/l、ASTM D4052

0.88

0.88

0.89

0.89

0.9

0.9

0.91

EP特性、チムケンOK荷重、lb、ASTM D2782

65

65

65

65

65

65

65

抗乳化性、乳化層が37mlになるまでの時間、82℃、min、 ASTM D1401

30

30

30

25

25

30

30

FE8摩耗試験、V50ローラー摩耗、mg、DIN 51819-3

2

2

2

2

2

2

2

FZGマイクロピッチング、損傷ステージ、レーティング、FVA 54

 

10

10

10

10

10

10

FZG マイクロピッチング、GFTクラス、レーティング、FVA 54

 

FZGスカッフィング、損傷ステージ、A/16.6/90, ISO 14635-1(mod)

 

12+

12+

12+

12+

12+

12+

FZGスカッフィング、損傷ステージ、A/8.3/90、ISO 14635-1

12+

12+

12+

12+

12+

12+

12+

引火点、クリーブランド開放式試験、°C、ASTM D92

230

230

230

240

240

240

285

泡立ち試験、シーケンスI、泡立ち度/安定性、ml/ml、ASTM D 892

0/0

0/0

0/0

0/0

0/0

0/0

0/0

泡立ち試験、シーケンスII、泡立ち度/安定性、ml/ml、ASTM D892

30/0

30/0

30/0

30/0

30/0

30/0

30/0

四球極圧試験、荷重摩耗指数、kgf、ASTM D2783

47

47

47

48

48

48

48

四球極圧試験、融着荷重、kgf、ASTM D2783

200

200

250

250

250

250

250

動粘度@100℃、mm2/s、ASTM D445

8.8

11.2

14.7

19.0

24.1

30.6

39.2

動粘度@40℃、mm2/s、ASTM D445

68

100

150

220

320

460

680

流動点、℃、ASTM D97

-27

-24

-24

-24

-24

-15

-9

防錆性、手順B、ASTM D665

合格

合格

合格

合格

合格

合格

合格

粘度指数、ASTM D2270

101

97

97

97

97

96

90

 

健康と安全

本製品の健康と安全に関する情報については、https://sds.exxonmobil.com/にある安全データシート(SDS)をご覧ください。

本書で使用されているすべての商標は、その他の記載がない限り、Exxon Mobil Corporationまたは同社の子会社の商標または登録商標です。

05-2024

ExxonMobil Japan Godo Kaisha

Shinagawa Grand Central Tower

2-16-4, Konan, Minato-Ku,

Tokyo, 108-8218,

Japan


Typical Properties are typical of those obtained with normal production tolerance and do not constitute a specification.  Variations that do not affect product performance are to be expected during normal manufacture and at different blending locations.  The information contained herein is subject to change without notice. All products may not be available locally. For more information, contact your local ExxonMobil contact or visit www.exxonmobil.com
ExxonMobil is comprised of numerous affiliates and subsidiaries, many with names that include Esso, Mobil, or ExxonMobil. Nothing in this document is intended to override or supersede the corporate separateness of local entities. Responsibility for local action and accountability remains with the local ExxonMobil-affiliate entities.